韓国コスメの人気ブランド

韓国コスメの人気ブランド

人気のあるブランドは、やはりそれなりの理由があって人気が高いのだと思いますが、もちろんそれほど人気ではなくても素敵なコスメはたくさんあります。以下に主要なブランドをご紹介致します。

ソウル・ミョンドン(明洞)
ミョンドンは、韓国ソウルの中でも最大の繁華街です。日本語が通じやすく、観光客の人気NO.1エリアがです。中でも、コスメやファッションなどのような専門店ばかりでなく、エステやレストラン・ホテルまで充実している地域ですので、ここに滞在するのもいいでしょう!

 

夕方になるとメインストリートに屋台が登場し、始めてソウルを訪れる人からリピーターまで時間を忘れるほどに楽しめます。

 

交通は、地下鉄4号線明洞駅地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック)駅は徒歩圏内となります。他エリアからミョンドンを目指した移動の際には、地下鉄の駅を上手に使い分けましょう!

韓国コスメのブランド

そこで、とりあえず韓国コスメを試してみたいけれど、どれから試してみたら良いのか、見当もつかない・・・というような方に参考になれば良いと思っています。韓国ではひとつのブランドで全ての化粧品を揃える女性はあまり多くないようですので、あのブランドも好きだし、こっちのブランドも好き・・・というように、一人でいくつものブランドのファンであることも考えられます。

ETUDE HOUSE(エチュードハウス)

韓国コスメのエチュードハウス・ETUDE HOUSEエチュードハウスというブランドコンセプトは、「全ての女性たちをより一層美しく、幸せにしたい」というビジョンをもっているといいます。

 

韓国のエチュードハウスのショップの内装やコスメのパッケージからも、それがコンセプトを感じさせる要素が十分伺えます。日本人の女性旅行者も、このショップに頻繁に訪れているようです。

 

「ETUDE HOUSE」の広告モデルとしては一頃IKKOさんが活躍し、アイディアを出した「ドリーミングハウス」が、明洞1、2号店に登場したりしました。

 

IKKOさんの家をコンセプトにして作られたミニチュアハウスは、ベッドルーム、リビング、ドレッサースペースなどの6つのルームに分かれいて、BBパクト、モイストフルクリームなどのIKKOさんお勧めのコスメも並んでいました。更にその後改装が重ねられています。

雪花秀(ソルファス)

雪花秀(ソルファス)も韓国女性に人気があると同時に、日本人女性にも人気のあるブランドです。
価格的にはやや高いですが、幅広い年齢層に受け入れられているブランドです。
免税店などでは割引で購入出来る場合もありますので、上手に利用すると良いですね。

MISSHA(ミシャ)

韓国コスメのミシャ・MISSHAMISSHA・ミシャは、とても人気のあるブランドです。

 

MISSHA・ミシャは一貫して低価格・高品質にこだわった商品開発をしていて、日本のコスメに比べて価格が非常に安いのも魅力のひとつだと思います。

 

ブランドコンセプトは、初期の頃の「かわいい」系から今の「きれい」系に変わっています。その理由は、「肌への配慮」に重点をおいて商品開発ことによるものです。

 

新商品を含んで、既にMISSHAショップでは600以上のアイテムを取り揃えています。

 

まずは日本語のホームページも開設されていますので、ここで商品コンセプトとおすすめ商品をチェックしておきましょう。

THE FACE SHOP(ザ・フェィスショップ)

韓国コスメのザ・フェィスショップ大変人気のあるブランドです。
こちらは、特にスキンローションの評判が良いようですが、フェイスショップというブランドは、天然植物性の原料を600種類ほど使用しているといいます。

 

このような高品質であるにもかかわらず、低価格であるというのは女性には嬉しいですね。

 

更に、肌に近い自然成分ですから、お肌にも優しいというのが特徴です。「食が体をつくる」といわれますが、その「食べ物を食べて栄養補給する」という概念を化粧品に持ち込んで、さまざまな天然成分を通して皮膚へ栄養補給、そしてバランスを整える働きをするという発想でブランドを展開しています。

 

日常生活において、食べることで摂取する新鮮な果実や野菜、穀物、花、漢方などの天然材料が主成分だといいます。さらに最近では、ブランドコンセプトを浸透させようと「環境保護キャンペーン等を積極的に行う」など、自然派ブランドとしてのイメージを強調しているようです。

 

基礎スキンケアシリーズのいろいろなライン名ップがあります。フェイスショップらしい植物由来のスタンダードなラインから、漢方やコラーゲンといったアンチエイジングに効く成分の入ったものまで、好みや年代に応じて選ぶことができますよ!

 

既に、日本でもイオン系列を中心に販売網が広がっているようです。

banilaco(バニラコ)

韓国コスメのバニラコバニラコも非常に人気のブランドです。このブランドは、現在のところメイクアップコスメが圧倒的な人気のようです。

 

コスメ通の間で知らない人はいないほどの人気商品がプライマーシリーズです。

 

プライマーとは、ファンデーションやBBクリームを使用する前に、肌の油分を抑えながら肌の凹凸をカバーするシリコンポリマーが含有された高機能ベースメイクです。

 

メイク崩れを防いでくれるため、一日中シルキーで涼しげなお肌を演出してくれます。さらに、パッケージなども、洗練された感じで、とてもお洒落です。

プライマーとは「primary=最初の」を意味する用語で、“最初に塗る塗料”ということです。
だから言葉の意味からすれば、どんな材料でも“プライマーとして”使う事が出来ます。

 

但し、“最初に塗る”ということは“肌に接触する”という事であり、かつ“次に塗るファンデーションやクリームを重ねる”という事になります。

 

つまりそこに、“何がしかの特別な機能”を持たせる事が出来、バニラコでは”肌の油分を抑え、肌の凸凹をカバー”しています。

It's Skin(イッツスキン)

ドクターズコスメで人気のIt's Skin(イッツスキン)は、日本人女性にとても人気がありますね。
ドクターズコスメを日本よりも安価な価格で購入できるという点が良かったのではないかと思われます。
皮膚科の専門医たちの処方によって作られたイッツスキンのコスメは、スキンケアだけではなく、メイクアップ製品をも含んだ全品目に対して皮膚科のテストを行っているそうですから、これなら日本人でも安心して購入できますよね。

TONY MOLY(トニモリ)

韓国コスメのトニモリTONY MOLY(トニモリ)も人気のあるブランドです。
韓国のショップでお買い物をすると、試供品やポストカードなどオマケが色々貰えるという情報もあり、日本人女性にも人気です。

 

ブランドネームのTONY MOLY(トニモリ)は、英語でカッコイイ、身なりがいいという意味がる「TONY」と、日本語の盛る、盛り上げるからとった「MOLY」をかけあわせた合成語でm「美しさを盛る」という意味を持たせるブランド名にしたそうです。

 

2006年創立で釜山にオープンしたお店が大人気となり、ソウルの明洞へ進出し、それから一気に有名ブランドとなりました。現在では250店舗以上の加盟店があります。自然由来の天然成分を配合した手刺激コスメを扱っており、人気の秘訣は、自然由来の天然成分を配合した低刺激であることに加え、価格が安いことにあります。

 

韓国女子の間では、アイライナーが人気です。JAKOPLANでは、明洞だけでなく東大門、南大門、江南の4つの地域で使える割引クーポンがありますので、ぜひ使ってください〜!!

 

このブランドは、香りが良いことで評判が高いので、コスメの香り重視のかたはぜひ行ってみてください。

HolikaHolika(ホリカホリカ)

韓国コスメのホリカホリカ韓国の伝統的な化粧品会社”エンプラニ”が展開する新しい韓国コスメブランドです。

 

ミョンドンのど真ん中にある美の館!?メインストリートの中でも一際目をひくこちらが「Holika Holika」明洞1号店です。特別な魔法をかけるコスメがいっぱいの「魔女の家」をコンセプトに、国内有名デザイナーがインテリアを手がけています。

 

女性心理や現代のライフスタイルの変化を研究して、あなた自身でも気付かなかった隠れた魅力を引き出そうとする”クリエーター”として位置付け、新しい価値を商品化するコンセプトのブランドです。

 

ホリカホリカの代表的コスメは、魔術防マスカラエッグソープが有名です。

 

上記の他にも様々な韓国コスメブランドがあります。以下もほんの一例に過ぎませんので、ぜひ一度韓国のソウル・ミョンドンなどに出かけて、自分の肌に合いそうな化粧品を色々試して、あなたも韓国コスメの通になってみませんか

などなど、たくさんの人気ブランドがあります。

韓国女性は、日本人女性のように、全てのコスメをひとつのブランドで揃えるということはあまりしないようですから、それぞれのブランドで特に人気の出る商品があるようです。ひとつひとつ、どこのブランドが良いのか研究するくらい、美容に熱心だということなのでしょう。