カタツムリクリームの効能

カタツムリクリームの効能とは?

セレブな女性たちは、美意識も高いことで有名です。
日本でもその彼女達の間で流行っているということから、一気に人気に火がついたのが「カタツムリクリーム」です。

 

美容家としても人気のIKKOさんも「カタツムリクリームは、いい」と太鼓判をおした商品ですが、カタツムリクリームはどう肌にいいのでしょうか。

 

カタツムリの粘液にはどのような効能があるのか気になりますよね。

 

秘密は、カタツムリの粘液から抽出されるエキスの主成分、「アラントイン」にあります。

アラントイン: 傷の修復、再生、また肌荒れの緩和などを助けてくれる成分

この他にも、カタツムリの粘液には美肌に欠かせない美容成分がたっぷり含まれているのです。

 

例を挙げますと、「グリコール酸」。これは、ピーリング効果があり、肌表面の古い角質を取り除いてくれます。「コラーゲン」、「エラスチン」は、もう有名ですね。プルプルお肌に欠かせない成分は、コラーゲンですよね。肌のハリ・弾力を保ってくれ、アンチエイジングには欠かせません。「コンドロイチン」も最近よく耳にします。保水効果でうるおいを与え、有害物質から肌を守ってくれます。また、肌ダメージの原因となる常在菌から肌を守ってくれる「天然抗生物質」も含まれていることが分かっています。
これらの美容成分が、カタツムリの粘液から抽出されるエキスの中に含まれています。最近のスキンケア化粧品には欠かせないと言っていいほど有名な美容成分ばかりですよね。これは、肌にいいことは間違いなさそうです。
カタツムリクリームは、しみ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴の開きなどに効果がありますが、やけど、切り傷、ヒゲそり後など、傷の補修としても優れた効果があります。

一度できてしまった妊娠線

一度できてしまった妊娠線は、完全に消すことが難しいものですよね。妊娠線ができないように、おなかが大きくなる前から、妊娠線予防のクリームをこまめに塗っているといいそうですが・・・。できてしまったものは仕方ありませんよね。
仕方ないのかなと、諦めかけている女性に朗報です。カタツムリクリームを塗ると、妊娠線が薄くなってくれるそうです。
妊娠線とは、お腹に出来る線の事です。妊娠線というのだから、妊娠している人だけの事だろうと思いますよね。驚きなのが、妊娠している人でなくても出来る事があるそうです。妊娠線は急にお腹が大きくなった時に、皮膚が伸びる反動としてできる、おへそ周辺の縦に出来る線のことをいいます。妊婦以外にも、急激に太った時などに妊娠線が出来やすいそうです。妊娠線の出来やすさには個人差があり、できる人もいれば、全く出来ない人もいます。ただ、妊婦の90%近くは妊娠線が出来るといわれており、産後の女性の悩みとなっているようです。
しかし、カタツムリクリームを塗れば、一度できたらあきらめるしかない妊娠線を薄くする事ができると、海外セレブの間でも人気だそうです。なぜ妊娠線が薄くなるのかというと、カタツムリの粘液には傷の修復作用のある「アラントイン」が含まれているからです。アラントインは、傷の修復、再生、また肌荒れの緩和などを助けてくれる成分です。そのほかにも美容コスメでおなじみの成分がたくさん含まれています。「コラーゲン」、「エラスチン」など、女性なら誰しも一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。これらの美容成分が、肌の潤い・キメを整え、美しい肌に導いてくれます。

カタツムリクリームの効能関連ページ

使い方も簡単!!
毛穴の黒ずみはプライマーで、美白・しわ対策にはカバーモデリングパックをするなど、近年話題となっている韓国コスメの種類やブランド、韓国への購入ツアーなどをご紹介致します。